金山寺味噌

金山寺味噌とは

金山寺味噌とは

金山寺味噌(きんざんじみそ)は、和歌山県、千葉県、静岡県等で生産されている味噌で、なめ味噌の一種です。
和歌山県の特産品として、和歌山県推薦優良土産品に指定されているほか、千葉県でも特産品や、推奨土産品として扱われています。

金山寺味噌について

大豆・米・麦・野菜等から作られ、熟成期間は短いものでは1週間、長くても3ヶ月ほどです。
調味料としては用いられず、おかずや酒のあてとしてそのまま食べます。

まず、炒った大豆を引き割り、これに麦こうじと塩を合わせ、塩押ししたウリ、ナス、ショウガなどを刻んで混ぜて仕込み、さらにウイキョウ、サンショウ、シソなどを加え、密閉して3ヶ月ほど熟成させて製造します。

名前の由来

名前の由来については、宋での修行から帰国した鎌倉時代の僧、心地覚心(法燈国師)が1254年に帰朝し、請われて紀州由良(現:和歌山県日高郡由良町)の鷲峰山興国寺の開山となったため、その近傍の湯浅(現:和歌山県有田郡湯浅町)に伝えた「径山寺(きんざんじ)味噌」が起源とする説が有力ですが、空海(弘法大師)が唐の金山寺(中国語版)から持ち帰ったとする説もあります。

江戸に広まったのは、紀州徳川家から徳川吉宗が8代将軍となり、幕府に献上されたからだと考えられています。2008年3月20日、和歌山県岩出市の根来寺旧境内から、約430年前の金山寺味噌が見つかりました。

ダイフク食品自慢の手づくり金山寺味噌

ダイフク食品自慢の手づくり金山寺味噌

大豆等の穀物類はしっかり形を残し、野菜類は大きめにカットしているので、それぞれの食感や風味を楽しんで頂けます。
ご飯のお供、酒のあてにオススメです。

また保存料や着色料は一切使用しておりませんので安心してお召し上がり頂けます。

原材料の仕入れ、加工、製造、商品化まで一貫して自社で行っています。

ご購入はこちらから

【ダイフク食品オンラインストア】
https://daifuku.official.ec

オンラインストアにて送料無料のセット商品をご用意しております。
ぜひお試しください。

金山寺味噌の食べ方

金山寺味噌の食べ方

金山寺味噌は、おかずに用いる「なめ味噌」です。
そのまま食べても美味しいですが、ご飯に乗せたり、湯豆腐、煮大根、焼き魚と
一緒に食べて頂くことをオススメしております。
チーズに乗せる、マヨネーズと和えるなど一風変わったお召し上がり方も美味しいのでぜひお試し下さい。

アレンジレシピ

【金山寺味噌の肉巻き】
1.豚ロースを広げ、水気を切った大葉を乗せます。
2.1に金山寺味噌を適量乗せ、豚ロースをロール状に丸めます
3.2で丸めたものに片栗粉を軽くまぶします。
4.熱したフライパンにサラダ油を引き、豚ロース全体に火が通れば完成です。